事例集〜プラスチック〜

TOP >  事例集 >  事例集〜プラスチック〜

プラスチック

プラスチック製品は、原料種が多く、また紙くずや木くず等との混合物も多い為リサイクル処理が難しいと思われておりますが、プラスチック製品でも紙くずとの混合物であればRPF(固形燃料)として、その他木くず・金属くず等との混合物であればガス化溶融処理に伴う発熱による発電等のサーマルリサイクルが可能です。
また、PE(ポリエチレン)、PP(ポリプロピレン)、PET(ポリエチレンテレフレート)等は各々分別排出して頂くと、処理場にて粉砕・造粒等を経てペレット化する事で、マテリアルリサイクルする事が出来ます。

プラスチックのリサイクル事例(1)

[事例1]ゲームソフト制作会社S社様のCDソフト
プラスチックやCDのリサイクル

今迄は、プラスチック製のCDと紙製の取扱い説明書の分別が物量的に難しい為、中間処理場にて焼却処理を行なっておられましたが、弊社のネットワークで、同じ料金体系でRPF(固形燃料)としてサーマルリサイクルすることが出来ました。



[事例2]物流業界Y社様の廃ストレッチフィルム
ストレッチフィルム

今迄は、その他のプラスチック品や、ガラス製品くず等と一緒にして産業廃棄物として処理業者に委託されておられましたが、ストレッチフィルムだけを分別して PE製の袋に入れて出して頂く事により、弊社のネットワークでマテリアルリサイクル出来る様になっただけでなく、1kg当たり@30円台掛かっていた処分 料金が無料になりました。
(※上記料金には、収集・運搬料金は含まれておりません。)



[事例3]電気部品メーカー業界M社様の製品ゴミ
携帯電話のリサイクル

今迄は、プラスチック本体に金具が付着していた為、産業廃棄物として破砕処理後埋め立て処分をされておられましたが、弊社のネットワークで最新のガス化溶融システムによる、金属の回収及び、溶融熱による発電が可能となり、ゼロエミッションの実現に大きく近づきました。



[事例4]ローラーメーカーT社様のゴムくず

今迄は、精密ローラーの製造過程で発生するゴムくずを最終処分場で埋立処理を行っておられましたが、弊社のネットワークで、ポリウレタンとしてマテリアルリサイクルする事が可能となりました。また1kg当り@33円かかっていた処分料金が無料となり、コスト削減にも大きな貢献が出来ております。 (※上記料金には、収集・運搬料金は含まれておりません。)


更に事例をご覧になりたい方はリサイクラーブログへ