よくあるご質問

TOP >  よくあるご質問

お見積りは無料ですか?

Aはい、無料で対応させて頂いております。さらに事業者様の廃棄物は多品種にわたることが多いため、私たちはお客様の元への「出張お見積り」をご提案しております。廃棄物を事前に確認させて頂くことにより、業界でありがちな回収当日におけるトラブルを防ぐことが出来ます。もちろん、「出張お見積り」も無料です。
※一部の地域や排出量に応じては、出張お見積りの対応が出来ない場合もございます。

どの様なモノが産業廃棄物にあたりますか?

A産業廃棄物とは事業活動に伴って生じた廃棄物であって、廃棄物処理法により20種類が指定されています(当社対応可能な種類)。ここでいう「事業活動」とは、製造業や建設業等に限定されるものではなく、オフィス、商店、病院、学校など、商業活動や公共的事業も含めた活動とされています。また量的規定がないことから、東京23区ではオフィスから出る飲み終わったPETボトル1本や不要となったクリアファイル1枚も産業廃棄物です。

マニフェストとはなんですか?

A排出事業者様が産業廃棄物の処理を許認可業者に委託する際に、必要事項を記載して交付しなくてはならない法定伝票のことです。このマニフェストの制度は、排出事業者様が処理の各行程(収集・運搬、中間処理、最終処分)ごとに終了の報告を受けることで、委託した産業廃棄物の処理の進捗が確認できます。
※排出事業者様がマニフェストを交付しないで産業廃棄物を委託業者に引渡すと、排出事業者様は6ヶ月以下の懲役、または50万円以下の罰金に処せられますので、ご注意ください。

不要品はどんな物でも回収してもらえますか?

A多くの種類・品目での対応が可能です。通常、事業者様の不要品(廃棄物)は一般廃棄物と産業廃棄物に分かれ、その回収(収集・運搬)には一般廃棄物は市区町村長、産業廃棄物は都道府県知事から許認可を得た業者のみが対応することが可能です。リサイクル・ネットワークでは、複数の地域と種類の許認可を取得しておりますので(許可一覧)、まずはご相談ください。
※排出事業者様は許認可の無い業者に処理委託されると、5年以下の懲役、または1千万円以下の罰金という非常に重い罰則がありますので、特にご注意ください。

一度だけの臨時の依頼ですが、対応は可能ですか?

A地域、廃棄物の種類の限定はありますが、対応は可能です。ただし、「書面による委託契約書の締結」が法律で定められておりますので、一度だけのご依頼でも、契約書の締結をお願い致します。一般的には「収集・運搬」と「処分」の二種類の契約書を作成して頂きますが、弊社の方で法律に定められた記載事項を網羅した契約書をご用意致しておりますのでご安心下さい。
※処理委託契約書を締結しないで委託をされると、排出事業者様は3年以下の懲役、または300万円以下の罰金に処せられますので、ご注意ください。

少量でも対応してもらえますか?

Aはい、対応させていただきます。リサイクル・ネットワークでは、許認可車両として軽バンから4トン車両まで各種ご用意しております。お客様の排出量に応じた配車が可能ですので、ぜひご相談ください。

パソコン等の情報機器類はどのように対応されていますか?

A様々な情報が入った「情報機器類」(パソコン、サーバー、携帯電話、スマートフォン、ビジネスフォンなど)の処理に関しては、排出事業者様にご安心頂くために、国内外で高い評価を得ている「一般社団法人情報機器リユース・リサイクル協会(RITEA)」加盟業者にて、高次元でのデータ消去や物理的破壊をしております。また、各種証明証の発行も致しておりますので、お申し出ください。

臨時の粗大ゴミ以外に、日常ごみの回収もお願い出来ますか?

Aはい、対応出来ます。オフィスビル、病院、倉庫、工場等全ての業種から出る日常ごみ(袋ごみ、ダンボール)に対応させて頂いております。店舗内からの運び出しや、日祝祭日の回収までなんなりとご相談下さい。
※許認可の取得状況により当社で対応出来ない地区がございます。協力会社を紹介できる地区もございますので、まずはご相談ください。

家庭から出るごみを処理してほしいのですが。

A申し訳ありませんが、ご契約出来ません。家庭ごみの処理を民間企業が行なうことは、原則的に禁止されております。お住まいの、市区町村にお問合せ下さい。

リサイクル・ネットワークって 何をしている会社なの?

回収・処分対象エリアは東京・神奈川を中心とした関東エリアを対象としています。

法人様で廃棄物の処理は、お気軽にご相談ください

営業職はこちら

ドライバー採用はこちら