リサイクラーブログ

廃棄物による環境負担の低減 活動記

TOP >  リサイクラーブログ >  急ぐとも、あるべき姿を守る

急ぐとも、あるべき姿を守る

 皆さん、こんにちは!リサイクル・ネットワーク営業部の甕です。いつもリサイクラーブログを閲覧頂きまして有難うございます。

 本日は、私の思いを少しお話しさせて頂きます。我々業界の本来業務は、不用品の処理に困っているお客様の廃棄物を回収・処理するところにありますが、私は違った次元で捉えています。

 廃棄物処理法には、不用品の処理を考えている事業者様(排出事業者様)に対して、委託業者との書面契約の締結や管理票の発行義務などが定められています。違反した場合は排出事業者様に対して3年以下の懲役など、たいへん厳しい罰則が与えられています。一部の処理業者は、「一回きりの回収であれば契約書も不要」などと説明し、事業者様を違法状態にしてしまう業者がまだまだいます。

 先日6月20日に「月末までに事務所の残置物を全部片付けて、家主様にお返ししないといけない。」というご相談を頂きました。お客様のご要望は、時間的には非常にタイトでしたが、お客様を法令から守るため、お取引の条件として法定契約書の締結などを提示させて頂きました。確かに本来業務はお客様の不用品の回収ですが、その業務を通して「お客様の持続可能な成長に貢献する」ことを使命として、今後も仕事に取り組んでいきたいです。


よろしければこの記事に「いいね!」をしてください。